前へ
次へ

不動産売却で一般媒介契約の種類を知る

何らかの競争があるとき、競争相手が見えるのと見えないのとでは気合の入り方が変わるかもしれません。短距離走などで一人で走るのと何人かで走るのとで気合の入り方が変わったりするでしょう。仕事においてもいろいろな競争があり、同じ会社内で競争したり異なる会社間で競争したりがあります。不動産売却をするときには不動産会社に売却先を探してくれるよう依頼するかもしれません。このときの方法として一般媒介契約があります。複数の会社に不動産売却先を探してくれるよう依頼ができるのでより幅広く売却先が見つけられそうです。ただ契約の有効期限がなかったり情報の報告義務がないなどの問題もあります。不動産売却時に一般媒介契約をするならその中の種類を把握しておきましょう。明示型と非明示型があり、明示型は不動産売却において他にも依頼している点、具体的な業者名などを明示します。非明示型は不動産売却において一切何も伝えません。不動産売却に競争原理を使うなら明示型の方が良いようです。

Page Top