前へ
次へ

専門会社に依頼できる不動産売却サービス

特別な形で不動産売却サービスを使いたい場合は、依頼する会社を適切に選ばなければいけません。便利な不動

more

不動産売却をうまくいかせるためには

不動産売却したいと考えたとき、やはりできる限りスピーディーに、そして高く不動産売却することが出来たら

more

不動産売却サービスの効果的な利用方法

物件を売れる不動産売却サービスは人気ですが、どのように使うか考えておかなければいけません。対策をせず

more

コロナ禍感染拡大による人流激減で増加する不動産売却

コロナ禍感染問題が2年近く続いてきましたが、ワクチン接種率の高まり効果などがあり、漸く感染者数が減少して緊急事態宣言等が解除されました。しかしながら、この間、人の往来が大幅に制約を受けため、サービス業を中心にして壊滅的な経済的損失を被ったわけです。それでも国や自治体の支援金などを受けて何とかこの程度の被害で済んできたというべきことのようです。人流減少の影響をもろに受けて事業を辞めたり縮小した企業や店舗も数知れないほど多かったはずです。こうして、経済規模の縮小が起こると同時に働く人の在宅勤務やテレワークが広がり、オフィスビルなどのスペースが余剰になってしまったわけです。コロナ禍が鎮まってもこの働き方がそっくり復旧することは考えられそうもありません。今後更に、この余剰スペースがオフィス街で顕在化してくればまとまった件数の不動産売却の動きとなって中古流通市場に広まってくるとみられています。また、自社ビル持ちの経営者も事業の効率的運用を考えて不動産売却に目を向けることでしょう。一方、事業の廃止や縮小による影響により収入が激減したり、仕事を失った人が増え続けています。このような人の中でも大都市圏で多額の住宅ローン借入を受けていた人は金融機関の一時的な支払い猶予を受けていましたが、力尽きて任意売却せざるを得ない人が増えてきたようです。こうしたケースでも不動産売却により残債支払いに充てるわけです。放置していると競売による不動産売却になりもっとひどい目に遭ってしまうのでゆっくり売れるのを待っていられるわけでありません。中でも、2013年に2020東京オリンピック開催決定を機に分譲マンション価格が急上昇して住宅ローン借入件数の増加と金額アップが際立ってきたようですから最近、不動産売却されるマンションには億ションなど高額物件が目立つはずです。しかも、売り急ぐ必要のある物件が少なくないでしょう。こうした不動産売却案件では資金力のある不動産オーナーなどが足元を見透かすように購入するのではないかとみられています。

売るときに知っておきたいポイントもご紹介
所有物件を売るタイミングご紹介しています

南部の方が地価は高い富谷市で不動産売却|永大ハウス工業

青葉区の相場情報を知って不動産売却
どれくらいの価値があるのか事前に知っておくことで、売る際の決断が早くなりますよ

Page Top