前へ
次へ

不動産売却をするときに必要な関係書類は

近い将来不動産売却をしたいならば、不動産売却の知識を持っている不動産会社にお願いをすることが必要になります。不動産売却をするときには、書類が必要になりますが一体どのような書類が必要になるのでしょうか。不動産売却に必要な書類の1つは、重要事項説明書や売買契約書になります。いずれも不動産売却を仕切っている不動産会社の方で作ってくれます。契約書には不動産売却の契約をする旨のサインをしなければなりません。それ以外に必要な事は、建築確認書類や手続きに必要な書類です。不動産売却のときには、登記を抹消する必要があります。不動産売却の時に不動産登記の抹消をしなければ登記が残ってしまい後の権利関係がややこしくなるため通常抹消するのが普通です。このときには、不動産売却の登記抹消してくれる司法書士とのあいだで書類を交わすことになります。どちらかと言えば、不動産会社からもらう書類の方が先になりますが、登記関係の書類がいくつかあることを知っておくと良いかもしれません。

Page Top